Physical Exercise

フィジカル エクササイズ

Body Mind Spilit を統合した、Pilates・BF・PhysioBall・FRANKLIN METHOD等のツールを使用した機能的身体運動

Pilates

ピラティスとは、筋力を強くし、柔軟性を高め、健康を改善するために、ジョセフ・H・ピラティス氏が考案したエクササイズ体系のことです。

エクササイズはマットまたは特別に設計された機器で行われます。
このエクササイズ体系の中ではあらゆる体の部分が使われるので、どのようなアクティビティーにも応用されます。

20世紀初頭に作られましたが、その当時は先を行きすぎていたために普及せず、21世紀に入って数年してようやく知られるようになりました。
現在アメリカでは1000万人以上の人がピラティスを行っており、その数は毎年増えています。





  1. 1ピラティス人気の理由

    ピラティスでは、脳をリセットすることに意識をおき、身体を動かすので、身体全体を使うことになります。
    どのエクササイズを行うときも、呼吸と正しいフォーム、効率的な動きのパターンを意識します。
    ピラティスを行うことでコアが鍛えられ、バランスが良くなり、コーディネーション(連携)が増してストレスが軽減します。
    エクササイズは相対的に安全で、刺激も少なく、10歳から100歳までどんな人にも適しています。
    ピラティスではより良く動くということに焦点を当てるので、その成果は日常の生活で感じられます。
    ピラティスはフィットネスセンター、ピラティススタジオ、病院のリハビリ科などで、怪我をしたばかりの人から健康な人まで、よりよい健康作りのために用いられています。
    より多くの人がピラティスを行うことでさらに成長し続け、強く楽に美しく動きたいと願うあらゆる人のニーズに応えるために進化しています。

  2. 2他のエクササイズとの違い

    Pilatesボディ・コンディショニングは自然に身体と心の内側に働きかけます。
    機能的な動きはすべて呼吸を重視し緊張感をほぐし、芯の筋力を整えて血液の流れとエネルギーの流れをスムーズにします。
    動き自体はとてもシンプルですが、身体の芯(CORE)を感じることを重視しています。
    解剖学を基に充分なトレーニングを積んだトレーナーがマンツーマンで指導しますので安心してください。

  3. 3ピラティスで健全な肉体と精神を!

    身体の健康(健全)は幸せの第一条件である
    「身体のフィットネス(健康)とは、私たちのさまざまな日常の仕事を自発的な熱意と喜びとともに、自然に楽に満足してこなすことが出来る健全な心を備え、一様に発達した身体を獲得し、維持することと私たちは解釈している」
    この言葉は、ジョセフ・ピラティスが彼の考えや理念を自分のエクササイズ方法とともに解釈している著書「Return to life Through Contrology」からのものです。
    ピラティスでは、体の改善に気づくこと、姿勢のアライメント、呼吸、コア(芯)の安定、機能的な動きを通して自身の身体と向き合い、気づき、感じることを統合していきます。
    ピラティスはプロセスであり、続けていくことでより、深い身体のバランス、コントロールされた動き、精神を養います。

  4. 4ピラティスがもたらす身体への効果

    ピラティスは、体型を整えきれいに見せるだけのものではありません。
    若い時、私たちは容姿のことばかり考えがちです。
    また、若さを当たり前に思っています。
    では、若さとは何でしょうか。
    人は、成人すると動きが少なくなることがほとんどです。
    フルに動くことをしなければ身体は硬くなってきます。
    年齢を重ねることで現れる問題は、頭や体が硬くなり低下することです。
    身体を柔軟に強く保つこと。
    これは若さの本質です。
    ピラティスは、関節のより広い可動域を使います。
    resistence(抵抗)トレーニングでピラティスの動きひとつひとつが動きを楽にし、柔軟性と筋力をつけます。
    ピラティスを続けることで、足取りを軽く保ち続けることができます。
    常に感じ、意識をしながら行うことで脳の活性化にもつながります。
    ピラティスは健康と活力をもたらすための習慣を生涯にわたってつけてくれます。

  5. 5バランスのとれた心と体が生き方を変える

    身体・呼吸・心をそれぞれ活動させるピラティスは、多面的なフィットネス(健康)エクササイズです。
    ピラティスメソッドとは動きのシステムのことで、それは生き方であり、身体と心のコンディショニングを永遠に実践することです。
    強く落ち着いた身体と心があれば、自分のコアからこの世界にどう対応すかという意識を持って生活することが出来るのです。
    また、自分のコアから他人とのつながりをもてば、人に対して反発することが少なくなります。
    身体が調整され痛みやストレスのない状態になると、人は幸せや思いやりのようなポジティブなエネルギーを感じることが出来るのです。
    そうすると人々は自分たちの周りのことにもっと意識を置くことが出来るようになります。
    ピラティスは心と体をフルにつかうテクニックであり、心と体を変えてくれます。
    ピラティスは活力・健康に対する新しい考え方で、心と体のコントロールの仕方を教えてくれます。
    より多くの人がピラティスによって健全な心と身体を保てば、この世界はもっと平和になるでしょう。
    表面的は恩恵だけでなく、私たちの生命=心と体=の本当の能力を見出すことができるなら、なんて素晴らしいでしょう!
    ピラティスはあらゆる人のためのものです。
    例えば12歳の子供からプロのダンサー、80歳代の人まで、さまざまな人に役立ちます。
    ピラティスは痛みをなくしたいと願う人や自分のことをよく思えるようになりたいと願う人、すべての人の為にあります。
    MOTION SPACEでは、より良く生きるために肉体精神とも健康な身体を目指します。
    健全な心身がよりよい世界をつくります。

ジョセフ・H・ピラティスの略歴

ジョセフ・H・ピラティス ジョセフ・H・ピラティスは1881年ごろドイツに生まれました。幼少時はリウマチ熱や喘息、くる病に悩まされ、呼吸器系が弱く病弱でした。そこで自分の健康を改善するために、心と体を強くする方法を模索し始めました。早くから彼は、文武両道という昔からの理想的な人物像に興味を持っていました。その目標を追い求め、彼はボクシングやレスリング、体操、ヨガ、座禅を体験しました。20世紀初頭のドイツは、ムーブメントサイエンスやダンス、心理学の分野で活躍する人が多く存在し、それらを模索するに充分な下地があったのです。

ピラティスの原則 Pilates Principles

ジョセフ・ピラティスは、彼のメソッドによって心と体と精神がつながると考えました。
ピラティスメソッドのカギとなる原則があります。

呼吸
Breathing
呼吸は人生で最初の活動であり、最後の活動である。
私たちの命はまさしくそれに頼っている。
呼吸は、心と体の間の必要不可欠なつながりです。
呼吸によって散漫な心が体に戻り、手元の仕事に集中できるようになります。
呼吸は私たちの存在の基盤であり、生まれてから死ぬまでずっとそばにあるリズムです。
ピラティスでは、いま行っていることへの意識を継続させ、細胞に酸素を送り、肺活量を高めるために、呼吸をひとつひとつの動きに統合します。
集中
Concentration
そしてエクササイズをするときは、そのエクササイズの目的(意図に常に集中し続けること。
集中することは、自分がいま行っていることに注意を向け、手元の作業を示し、コントロールすることです。
集中がなければ、エクササイズのフォームや目的が失われます。
教えるときは、クライアントが集中を失わずに出来るだけたくさん繰り返しができるようにすることが重要です。
ジョーはよくこういっていました。
「注意散漫で20回くりかえすよりも、完璧に5回繰り返す方がずっといい。」
コントロール
Control
コントロールしているということは、エクササイズをしている間の正しいフォームやアライメント、力加減を理解し、持続できているということです。
ピラティスのエクササイズは、体が起こしている動きや力加減を、頭を使ってコントロールせずに行うことは決してありません。
センタリング
Centering
ピラティスでは、すべての動きがセンター(中心)から外へ放出されています。
力強く安定し柔軟性のあるセンターを作ることが、エクササイズのフォームの特徴を決めるひとつの要素です。
正確性
Precision
正しいフォームと位置を理解し、効率的にエクササイズが行えるようになるには、練習が必要です。
正確性とは、集中、コントロール、センタリング、練習の成果のたまものです。
バランスの取れた筋肉
Balanced Muscle Development
正しいアライメントとフォームを理解し、発達させ、持続させることは、ピラティスには必要不可欠です。
この原則を練習することで、それが習性となり、姿勢も改善して快適さが増し、身体能力も高められます。
リズム/流れ
Rhythm / Flow
ピラティスのすべての動きはリズムと流れをもって行われます。
流れはなめらかで優美で、かつ機能的な動きを作り出します。
それによって関節にかかるストレスを軽減し、体がなめらかな流れの中に統合されるような動きのパターンを作り上げます。
体全体の動き
Whole Body Movement
ピラティスは基本的に統合すること:動きを体全体の流れに統合すること、明確性と目的を作るために心と体を統合すること、生活のバランスを作るために心と体と精神を統合することです。
くつろぎ
Relaxation
心身が健康であるためには、努力とくつろぎのバランスを理解することが重要です。
ピラティスでは、エクササイズを正しく行うのに多くも少なくもなく必要なだけの力を使うことを学びます。
体に必要のない緊張を解き放つことを学ぶと、動きや生活が楽になって流れも生まれます。

Bartenieff Fundamentals (BF)

Bartenieff Fundamentals (BF)は、Irmgard Bartenieff(1900-1981)によって開発された一連の概念、原則から成り、Rudolf Labanの運動理論を人体の物理的/運動学的な機能に応用しています。

ダイナミックアライメント、呼吸サポート、コアサポート、開始と順序付け、空間的意思、体重/体重移動の中心、努力の意図、発達的パターニングとレベル変更のサポートなどの概念が研究されています。

FRANKLIN METHOD

身体はもともと、そうあるべき通りに使えば痛むことも壊れることもなく、自由に動かす事ができます。
緊張、悪い姿勢、間違った使い方がそれを阻みます。
身体の成り立ちを知り、仕組みを理解し、脳を働かせて、自分の身体の中でありありと体現していくことにより、健やかで楽に身体を動かす事ができます。

解剖学、イメジェリー、おもちゃなどを使って、楽しみながら共に学んでいきましょう!

Contact

完全予約制です。事前のご予約・お問い合わせをお願いいたします。

品川スペース 03-5460-3418
南葉山スペース 046-876-5544